Windows7には Windows XP を仮想的に実行できる XPモードが実装されていますが、追加のインストールが必要になります。前回はWindows7 のインストールについてまとめましたが、今回はXPモードのインストール方法と実行方法についてまとめましたので紹介したいと思います。

windowslogo




XPモードを起動するにはまずVirtual PCをインストール必要がありますのでインストールを実行します。Virtual PCは下記からダウンロード可能です。

http://www.microsoft.com/windows/virtual-pc/

実行すると更新プログラムとしてインストールされます。

windows7virtualPCinstall

VirtualPCをインストール後、XPモード用のファイルをインストールします。下記からダウンロードできます。

http://www.microsoft.com/japan/windows/virtual-pc/download.aspx

ダウンロードしたファイルを実行するとXPモードのインストールが開始されます。

windows7xpmodeSetup

インストールが完了するとタスクバーにVirtualPCが表示されると思いますので、実行します。

windows7virtualPCtaskbar

XPモードの初期設定が行われます。ライセンスの確認が行われます。

windows7virtualPCwindowsXPlicense

XPモードで実行するユーザの設定を行います。

windows7virtualPCwindowsXPpassword

設定が完了するとXPモードが立ち上がります。通常のWindowsXPと同じですので今までのソフトが問題なく利用できると思います。

windows7xpmodeStart

Windows7には Windows XP を仮想的に実行できる XPモード、Window7に移行した後 Windows XP のソフトが動かなくなることを回避する手段として有効そうです。Windows7 をインストールされた方は一度試されてみてはいかがでしょうか?